前回のお話


154_jpg_001

154_jpg_002
154_jpg_003
154_jpg_004
154_jpg_005
154_jpg_006
154_jpg_007
154_jpg_008
154_jpg_009

彼がいなくてもどこかで辞める決断は下していたと思うのですが
やはり、アキくんがいたからこの段階で辞められた(十分にドップリとハマっていましたが)
のかなと思います。

正直、こういった集団に年単位で所属している人が
一人で辞めたり、外の人に言われて辞めるっていうのは結構難しいのかなと
感じます。実体験として・・・・。

「こりゃあかん」と思って辞められる人は3か月以内に辞める場合が多いです。
弱すぎる人もついていけなくて辞めます。

だから残ってみたけどなかなか上にも行けない、いわゆる養分になってしまうのは

中途半端に強いメンタルと
中途半端な自信のなさと
中途半端な願望が合わさってる人が多いんじゃないかなぁ・・・と思い返してみたり。

つまるところごく普通の人ってことですね!

外から自分を思っていってくれる言葉は「いや、私はここで頑張るって決めたし!」で突っぱね
内側に不満や不信を多少抱いても「でも、もう少し頑張ったらイケるかも!みんなも先生もいるし!」で無理やり納得させてしまう。

少なくとも、私はそうでした。


ここまでお読みいただきありがとうございました。
次回もお楽しみに💖


次のお話↓


シリーズ第1話↓


もっとディープな話が読みたい!という方はこちらからのnoteからお楽しみいただけます!


面白いと思っていただけたらぜひ読者登録をお願いします!
LINEで通知を受け取れるようになります♪
sns_002


Twitterではブログでは語りきれなかった各話でのりっこの心情などもつぶやいています。
フォローいただけるととてもうれしいですsns_001


ランキングに参加しています!
ぜひぽちっとお願いします💖
rank