前回のお話

145_jpg_002
145_jpg_003
145_jpg_004
145_jpg_005
145_jpg_006
145_jpg_007
145_jpg_008

ここまでずっと
「こうしたら褒められるかな」
「先生ならどうするかな」
を中心とした世界にいたものだから、
「私がどうしたいか」
という考え方は衝撃でした。

いえ、それまでも彼は何度もこの言葉を私に投げかけているはずなので
ようやくこの言葉が聞こえるくらいまでになったということなんですよね。

M会に入って辞めて身をもって学んだことの一つとして
「人は意識しなければ自分の聞きたい言葉しか聞こえない」
ということがあります。

良い悪いではなくて、本当に聞こえない。聞いても無意識に無視をする。
結局、自分で気づくまで人はどんな場所からも抜け出したりはできないんじゃないかなと思うのです。


ここまでお読みいただきありがとうございました。
次回もお楽しみに💖


次のお話↓
【悪徳ネットワークビジネス集団にいた話】~146話~


シリーズ第1話↓
【悪徳ネットワークビジネス集団にいた話】~1話~


もっとディープな話が読みたい!という方はこちらからのnoteからお楽しみいただけます!


面白いと思っていただけたらぜひ読者登録をお願いします!
LINEで通知を受け取れるようになります♪
sns_002


Twitterではブログでは語りきれなかった各話でのりっこの心情などもつぶやいています。
フォローいただけるととてもうれしいですsns_001


ランキングに参加しています!
ぜひぽちっとお願いします💖
rank